Works

●(株)シアムインターナショナル 

【1989年】 

・(仮称)五所川原スポーツクラブ(青森) 企画・構成、

   建築・インテリアにおけるプレゼンテーション

・美術館メディア研究会立上げー伊藤俊治(写真評論家)、

  (株)大日本印刷とともに「ポートフォリオ」(誠文堂新光社)に、

   年間1000万人集客する複合施設レポート・連載(6回)

 

【1990年】

・フェニックス・ジャパンクラブ(米国アリゾナ州)に於いて、

   学校・スタジオ・レストラン等文化的施設の企画・構想提案

・K3アコースティックライブスタジオ(渋谷・円山町)、

   建築・インテリア、空間装置プレゼンテーション

・オクトショールーム(日本橋人形町)企画構成

    プレゼンテーション デザイン:バリュー山本有子

・「D・SPACE 空間創造楽」編集・デザイン・制作 

    発行:(株)電通SP局

 

【1991年】

・「SCAPE21」編集・制作、(株)ホッカイ

・幕張メッセ「モニュメント・エレメントショー1991」企画構成、       ディレクション、会場構成 

   総合プロデュース:勝井三雄、

   デザイン:スーパーポテト杉本貴志、アートワークス:高橋 秀

 

【1992年】

・シンポジウム「よねざわ産業とまちづくり」(米沢市)

   企画構成、ディレクション 

   ゲスト:エドワード鈴木、伊東順二、望月照彦

 

【1993年】

・(仮称)岡山福祉センター(岡山県)企画・構想プレゼンテーション

・姫路バースプロジェクト(兵庫県)企画構想プレゼンテーション

・PR誌「E-box」編集・デザイン・制作、

   発行:日本オーチス・エレベーター(株) 企画:(株)電通

・日本文化デザイン会議in山形・日本美術館構想 

   米沢会場企画構成、ディレクション

 

【1994年】

・ICS都市文化学校 トークセッション(6回)企画構成、

   プロデュース

・「米沢人間都市幸房」基本構想提案

 

【1995年】

・ICSカレッジ・オブ・アーツ企画構想学科 企画構成、

   デザイン制作

・日本デザインフォーラム前橋 編集構成

・別冊SCAPE21「ベネチア・ビエンナーレドキュメント」

   編集構成・デザイン 

 

【1997年】

・商工サミット「米沢人間都市幸房」(米沢商工会議所)企画構成、

   ディレクション 

   ゲスト:栗生明、牛建務、隈研吾、望月照彦

・米沢雪灯篭祭り/パフォーミングアーツ&トークショー 

   企画構成、プロデュース 

   ゲスト:海藤春樹(照明デザイナー)、小池博志(パパ・タラフマラ)

・シンポジウム「臨海副都心に見るアーバンアメニティ」

   企画構成、プロデュース、調査・研究 

   基調講演:荒川修作(景相家) パネリスト:黒川紀章(建築家)、

   南條道昌(都市プロデューサー)、

   福川伸次(電通総研所長)、

   ジャン・フランソワ・ブラン(アーティスト)、

   クリスチャン・オーヴェット(建築家)、伊東順二(美術評論家)

 

●シアムメディア研究所

【1998年】

・京都造形芸術大学

「クリエイティブデザインカレッジ/スペースデザインコース」

   カリキュラム企画構成、ユニット制教育プログラム提案

 チーフユニットマスター:辻村久信、森田恭通、間宮吉彦

   (以上インテリアデザイナー)若林広幸(建築家)

 ユニットマスター:野井成正、文田昭仁(以上インテリアデザイナー)

   遠藤秀平、宮本佳明(以上建築家)

 

【1999年】

・任意団体テンポロジー未来機構正式発足、活動開始

 

【2000年】

・テキスタイルメーカー ニヤ・ノルディスカ(ドイツ)

   日本初上陸に際し、PR担当

 

【2001年】

・カラーキネティクス・ジャパン(株)設立に際し、

 

【2002年】

・某企業の委託により、「アミューズメント未来構想会議」

   立上げ、企画、コーディネート

・某企業の委託により、「デザインマネジメント講座」計4回

   企画構成、コーディネート

 

【2003年】

・某企業の委託により、「大型複合商業施設等首都圏再開発と、

   それにともなう人々のライフスタイルの変化」に関する

   調査・レポート作成 ~2007年

 

【2004年】

・東京デザイナーズ・ブロック2004「1968革命ラジオ」企画構成

 Movie:李鳳宇(映画プロデューサー)×井筒和幸(映画監督)

 Culture:浜野安宏(ライフスタイルプロデューサー)

               × 渡部隆(クリエイティブディレクター)

 Music:かまやつひろし(ミュージシャン)

              ×立川直樹(プロデューサー/ディレクター)

 Architecture:北山恒(建築家)×川床優(編集者)

 Art:田名網敬一(アーティスト)×森永博志(編集者/作家)

 

【2007年~】

・ラジオ未来塾  若手デザイナー・クリエーター等に、

   人財育成をめざして開塾、ワタナベラジオ名で塾長就任

 第1期 ディレクター 武松幸治(建築家)、

   萩原修(デザインプロデューサー)

 第2期 ディレクター 萩原修(デザインプロデューサー)

 第3期 ディレクター 萩原修(デザインプロデューサー)

 第4期 ディレクター 大島芳彦(建築家/不動産コンサルタント)  

 

・2009年9月21日~25日

 「1968革命ラジオから5年の月日が流れ…」

    @ロッテ原宿スタジオ 

 インターネットテレビにて生映像放映

 Culture:黒崎輝男(プロデューサー)×西田善太(BRUTUS編集長)

 Art:小島美礼(WEBデザイナー)×小嶋哲哉(REAL TOKYO編集長)

 Coaching:田中香(コンサルティング・コーチ)

                  ×大島芳彦(建築家/不動産コンサルタント)

 Fasion:生駒芳子(ファッション・ジャーナリスト)

               ×山室一幸(WWD編集長)

 Business:遠山正道(スマイルズ代表)×ワタナベラジオ

 

【2010年】

・任意団体テンポロジー未来機構の活動を終了し、新たに

   一般社団法人化をめざし準備室立上げへ

 

【2011年】

・一般社団法人テンポロジー未来機構 事務局受託

・月刊「商店建築」へ3回連続コラム掲載

 

【2013年】

・2月  ドキュメンタリー映画「ハーブ&ドロシー」自主映画会 

            企画運営

・11月 6年ぶりに、シアムメディア研究所WEBサイト立ち上げ

・12月 USHIDATE LABO EXHIBISION2013「真・空間交響楽」

            企画構成