月に想う

 私の故郷、山形県米沢市。

 その米沢から国道(酷道)13号線を北上して、山形市の手前に

ある、斉藤茂吉の故郷上山市。ここも温泉が有名なところだ。

  その一つ、上山葉山温泉にある「名月荘」。

 

蔵王連峰を見晴らす高台に4000坪の敷地を構える温泉旅館と

いうよりリゾート感覚の宿。

  この広ーいお庭に夜のとばりがおりて、一面の濃い群青色、

蒼い山影、そこに煌々と満月が昇ってくる…。

 私の頭の中に絵が浮かぶ。そのような絵を描く人物が思い浮かぶ。

 

 日本画家 福王寺一彦。

 

 

 文化勲章受章して2年前に亡くなった米沢市出身の画家、

福王寺法林の次男坊であり、私の従兄弟。

 

 人生のライフワークとして「ヒマラヤ」シリーズに取組んだ

豪放な父と違い、繊細な福王寺ブルーを追求する一彦。

そして、月。彼が好んで描くものだ。

 

 http://www.fukuoji.jp/

 幼き頃より父法林に師事し、1978年日本美術院展入選から本格

的に日本画の道を歩み始め、次代の院展を牽引する役割をおって

いるように思うのだが、それを証明するかのように、2010年当時

最年少で、日本芸術院会員になり話題になった。

 

 いまやアートなしには、地方活性化も各種イベントも語れなく

なっている現状だが、日本画自体はどうだろうか?

私は、停滞しているように感じるのだが…。

 

 そんな中、一彦は文化庁と日本芸術院共催による「子ども夢・

アート・アカデミー日本画教室」の先生役として、全国の小学校を

巡回し、直接子供たちに日本画の話や、岩絵の具とニカワの溶き方、

日本画の描き方を手ほどきしているのだという。

 

 これはとても良いことだ。小さいころから本物を見る、本物のプ

ロの手ほどきをうける機会を与えられることは、本当に素晴らしい

と思う。この中から、将来、院展に出品する子や日本画コレクター

が現われるかもしれない。

 

 月といえば、いまや仰ぎ見る存在となった福王寺一彦を想う。  

 22世紀へ、日本画壇を引っ張っていってほしいものだ。